top of page
  • 執筆者の写真mihoko nakamura

思い出もぐもぐ展、ありがとうございました。

先月21日から1ヶ月にわたり開催してきた思い出もぐもぐ展が無事に終了いたしました。

展示期間中、作品を見に来てくださいました皆様、誠にありがとうございました。

そしてそして、今回の企画に参加してくださいました皆様、美味しそうな、そして素敵なエピソードをありがとうございます。

皆さんの作品を外したあとの店内の壁は、なんだかガランとして寂しくなってしまいました。今は、一枚一枚の絵と文を読み返しながら返却させていただく際に添える手紙を書いております。(そしてちょっと筆休めにHPで更新作業なんかをしちゃってたり…)

 作品の返却は基本、いろはさんと当店それぞれ最初にご提出いただいた場所でお返しする予定です。もしもご指定があったらお気軽にご連絡ください。


ほとんどの人がほぼ毎日食べるであろうご飯。幸いにも、飽食の時代と言われるような時代に生まれて、本格的な飢えを知らずに毎日ご飯をいただいここまで生きてきました。

昨日食べた献立すら忘れがちなまま暮らしている中でも、時折出逢うことがある「記憶に残る食べ物。」

思い出の胃袋に残った人生のエピソードと食べ物を、これからも時々そっと反芻しながら毎日の食べ物に感謝して生きていきたいと思います。




この後は今回の作品を製本していろはさんとウチの二箇所で閲覧してもらうように、製本の計画を進めていきますのでお楽しみに。


それでは最後に、



思い出ご馳走様でした。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page