2021-06-26

ジャケット作り

まだまだ梅雨が続いておりますが、最近雨が降ってなかったので久々の雨模様の白浜です。

先週、田辺にあります画材屋さんいろはさんの素敵な企画。「本のジャケットに愛を込めて2021」に参加してきました。

自分の推し本への愛をジャケット、つまり本の表紙にして現そうぜ!という、粋な企画でした。

画材は何でも自由ということでしたので、昔から使ってる画材としてアクリル絵の具をチョイス。でも最近はデジタルばかり触ってたので、久々触った絵の具のチューブが固まりかけてて焦りましたね。

ロットリングペンで主線をなぞり、下絵からどんどん清書して行きます。今は本当に素敵な画材が増えて嬉しいですね。デジタルとは違う、紙を引っ掻くような、ペンの感触や一発勝負な線引きは緊張感があります。(緊張感すると失敗するタイプです)

着色でもたまにはみ出してしまって慌てて修正してみたり汗

なんとか完成しまして、帯を付けて額に入れて完成です。この時点で既に締切過ぎてたんですが、いろはさんのご好意で受け取っていただきました。

私の愛読書の1つであり、青春時代の忘れ形見「寺山修司少女詩集」。

もうほとんど、寺山修司氏と林静一氏へのオマージュだけで描いたみたいな感じですが、やはり少女詩集の表紙は林静一さんのイラストがしっくり合うと思うんです。

ジャケット作り楽しかったなぁー。また28日からはいろはさんのインスタ(@gazairo_ha)でも出品者さん達の作品が紹介されるそうなので楽しみです。田辺市のお近くにお住まいの方はぜひぜひ、いろはさんへ実際に見に行って見てください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。